MESH India

~キーパーソンはSyamala!~

SyamalaはMESHのIn-house desginerです。
私たちが作りたいという商品について、サンプル作成や生産者との調整などすべて彼女が担当して
くれています。インドは大きな国です。MESHの事務所はニューデリーにありますが、MESHに商品を提供してくれる生産者グループはインド全土に分散しています。Syamalaは毎月1~2回ほどは、自ら生産者をたずねて、技術向上のためのトレーニングを実施したり、新商品開発をいっしょに行ったりととても忙しく活躍しています。

私とは電話でよく話しますが、ほんとにレスポンスがよく、いつも明るい声で
”Hi! Nahoko, How are you?”と、電話をかけている私が”Hello”と言う前に言ってくれます。

彼女は、こちらの考えていることをいち早く察知してくれて、アドバイスをしてくれます。彼女がいてくれるおかげで、いろんな可能性が広がっていきます。フェアトレード生産者組合はとても小規模なところが多いのですが、多種多様です。縫製、染め物、織物、編物、織物、金属加工などなど様々です。そこをSyamalaがつなげてくれています。これからどんな仕事がいっしょにできるかとても楽しみです。

~MESHの理念~

フェアトレード生産者グループとしてのMESHの特徴は、障がい者たちが中心となって仕事をしています。ハンセン病の人たちが職業訓練を受けて、手紬した絹糸でショールを織ったり、コットンの手織物を作ったりしています。根気のいる仕事ですが、みな生き生きと楽しく作業してくれています。仕上がりはもちろん”Excellent”です。

MESHは障がい者、特にハンセン病の人たちが自立できるように職業訓練をし、仕事を提供し、そして適切な賃金を支払うことなど確実に実行しています。毎年、各生産者グループへどれだけの仕事を提供し、いくら支払いをしたのかを私たちに開示してくれています。

MESHはFair Trade IndiaとWorld Fair Trade Organisationの生産者メンバーです。